水曜練習(ガラガラ)

 今日もいつも通りの水曜日の練習風景でしたが・・・ほんま少ないですね~_| ̄|○ il||li。まあ~それは仕方ないとしてアンサンブルの個人練習に励むのみですが(笑)
 今日はSさんが購入した秘蔵の楽譜があったのでそれを見てましたがいやあなかなか凄いもんです・・・改めて見てみたら・・・恐るべし((((;゚Д゚))))ガクガクブルブルがおっさんカルテットの感想でした(笑)幸いにも金管以外はそこそこ練習が出来るので居るメンバーで練習。
 ふわふわした感じで最初よりはだいぶ形にはなってると思いますが、K先輩に笑顔がないので(爆)まだまだ練習に励まないといかんですね吹いてて楽しいんですけど楽譜が難しいですきね
 その後油断してた別チームの練習も強制的に合わせて練習して終了☆-(ノ゚Д゚)八(゚Д゚ )ノイエーイ、充実してたかとは思います・・・人数は少ないんですが(笑)
 これで次は合宿、全員集合とはいきませんが・・・居るメンバーでがっつり合わせたいと思います。芋煮会もありますしね(笑)しかし土曜日は雨の予報・・・いい加減寒いのにトドメな感じですが・・・寒さにめげず芋をがんがん煮まくりたいと思います(笑)芋が食べれない某Y氏のために今年は肉が多めになる予定なので掛け離れそうな予感もしますけど(笑)

 今日は残念なニュースがありました・・・。元関東第一高校の指導者で現ブリヂストン吹奏楽団久留米の指揮者である塩谷晋平先生が亡くなられたそうです。
 塩谷先生が指導されていた当時の関東一高といえば男子校(現在は共学)でちょっといかつい多数のお兄さん方が(笑)集合写真で写っていたのを吹奏楽の雑誌やらでよく見てましたが、関東第一といえば全国大会の会場である普門館にトラックが到着せず(業者が会場を間違えた)出番が近付いてるにも拘らず楽器が無い状態・・・そこですでに出演が終わっていた天理高校(奇しくも自由曲が同じ)から借りて出場したまず前例がない伝説の高校でもあるんですが、その後全国大会への出場を重ね着実に力を蓄えて一気に開花したのが「指輪物語」~「カンタベリーコラール」~「ベトナムの回顧」と今でも語り草になる伝説の演奏に続いていくんですが、管理人はこの3曲を幸運な事に都大会から全国大会と両方聴けてたんですが、特に驚いたのはカンタベリーコラールを演奏した年のサウンドはずば抜けてまして、技術的には決して難しいとはいえないこの曲・・・非常に良い曲なんですがある意味バンドが丸裸になるのでコンクールにはむいてないというか選ぶ勇気はまず出ないと思われるんこの曲、最初に都大会で聴いた時から別格でしてあの巨大普門館(都大会は普門館で開催)無理に鳴らさず響きだけで別世界に持って行った記憶があります・・・反対に課題曲は歴代の課題曲でも難曲中の難曲「饗応夫人」だったのでそのコントラストも凄かったんですがサウンドの柔らかさにただただ驚いたもんです・・・全国大会ではさらにそのサウンドに磨きがかかり会場も息を呑む神々しいまでのサウンドのあまりの美しさ男子校でこの柔らかさスゲ~と感動したもんです(笑)それと反対にパワフルさ全開で三角帽子を熱く熱く吹ききった精華女子高校とは対照的でしたがこっちは女子高なのにスゲ~でした(ボキャブラリーが貧困ですが(笑))、好対照な両校でしたがどちらも金賞でこの年の全国大会はほんと面白かったですね。だいぶ前ですが関東一高のOBの方と偶々話した事がありますが、男子校だけあってそれはそれは厳しい練習だったそうです(笑)、でも楽しそうに話されてましたから良い思い出なんでしょうねあれだけのサウンドを作り上げるのには並大抵では出来ないですもんね。
 その後は退職され各地で指導者としてご活躍されてたようですが、今年からは九州の名門吹奏楽団ブリヂストンの指揮者と就任され今年の全国大会でも金賞を受賞、その時の演奏を少しだけ聴いたのですがそれはそれは素晴らしい演奏でして以前から金管には定評がある同バンドですがが、今年はこれだけ輝かしい金管の音がするかね?と思うほどでしたのでこれからの更なる飛躍そた演奏が期待されただけに突然の訃報に本当に残念でなりません。ご冥福をお祈り申し上げます。
 機会があればぜひ上記の関東一高の演奏を聴いて頂きたいですね、今の時代ではなかなか聴く事が出来ないタイプの演奏だと思いますので・・・。
スポンサーサイト