特別練習月間3週目(タイムオーバー)

 迷惑な台風のせいで残念ながら大杉夏祭りは中止になり、梅雨も明けずじまいで思い描いていた週末wではなく過ごし難い3連休(世間ではw)ですが・・・。
 まずは土曜日。この日は天気もホボホボですが、やいろ号での出動でした、週末限定で横に止まる車が居ない事(幅が狭いので乗り難いw)を願いながらw願いが通じたとこで出発ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!(ちなみに帰りは居ましたw)。
 いつも通りに準備をして、先週の惨劇もあったのでこの日は長めにパートとセクションの時間を取ってもう一度最初から確認。時間を掛けて修正出来た(多分w)ところで合奏ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ。
 そういえば、一度も課題曲と自由曲を続けて通してないなと思い、指揮者にお願いして通し練習(体力もあるのでw)で通してみたら・・・・

 「1分以上オ-バ-`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!」

 ここまで時間が過ぎると諦めにもなりますが戦わずして負けるみたいな(爆)こりゃあいかんという事で、課題曲のテンポと自由曲のカットを再考、あとは打楽器の配置と移動の確認、という事で課題曲の見直しから始めて最後に課題曲を通したらほぼ目標テンポに近付いたので一安心w。自由曲は指揮者と再考という事で翌日の日曜日に持ち越し・・・あんまり削りたくは無いんですけど、間に合わなかったら何にもなりませんからね┐(´д`)┌ヤレヤレ。

 その後、やいろ号の中をコンクールバージョンにする為に使わない楽器をやいろ号一番ドライバーのMちゃんの離れに置かして貰う事に・・・その前に練習で打楽器を全て出したのもあり、やいろ号の中は少しでもスペースを有効に使えるように床板を敷いてるんですが取り外しも出来るのでチャイム等の大型楽器を借りて来た場合は板を外して短くするんですが、先日ダブルチャイム状態にした時から前より短くなったんじゃないか?載せる為に板を忘れたんじゃないか?疑惑が発生してたんですが原因が判らず仕舞いで無理やり2段目に収納してましたが、この機会にと思い潜り込んでみたら傷がつかない様に敷いてるカーペットの奥の方が盛り上がってるので下から覗き込んだら・・・板が半分くらい別の板に乗り上げてる状態に_| ̄|○ il||li。
 これのせいで寸足らずになったのかと判明しましたが、銅鑼やらグロッケンを入れる箱を入れてるですが上手い具合に奥まで入る上のスペースは空いてたらしく`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!、当然誰もw気付くはずも無く・・・。軽くなったまま帰った時だったので何かの拍子にずれたんでしょうね・・・上手い具合にずれたもんですが、カーペットが上手い具合に滑らしてくれたんでしょう(笑)
 これで原因がようやく解明ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!、しかし誰も原因に気付かない辺りがうちらしいですねw。

 話し戻して、使わない楽器をMちゃん家に運び込もうとやいろ号を動かした瞬間に雨`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!、日曜日も雨の予報なので早い方が良いやろという事で人は雨に濡れながらも(笑)どうにか人海戦術で運び入れて終了m(_ _)m。

 そんな雨の作業の翌日。カットも取り敢えず決まり(それでも長い場合は最高4案までありますw)、練習前に伝えてから昨日同様の練習で細かい練習を長めに取ってから合奏。
 カットの確認も兼ねて、今日も両方通してからの練習、打楽器に移動の再確認をしてからいざ通し練習・・・さてタイムは・・・

 今日はどうにか間に合ったヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!(多少の余裕はありますw)

 昨日は移動が1分以上かかったのもあるので(笑)計算上は間に合う算段でしたが、あくまで机上論ですのでやってみないと分かりませんからね、とにもかくにも間に合って良かったです・・・2案に行くと曲の良さが大分減る事になり兼ねませんでしたからねw、どうにか1案で止まって良かったです、本当はカットしないに越した事はないんですけどね・・・。
 その後は課題曲、自由曲共に確認しながらの合奏で、最後にもう一度自由曲を通して爆死して(爆)終了でした。練習の充実度は近年の中では最高の状態だと思いますが、やるべき事がまだまだ沢山ありますね・・・まだまだ横の流れが全然なのであと2週間弱ですがどうにか流れを掴み取りたいですね、疾走感もまだまだですし録音を聴けば聴くほど課題は山積(笑)まあ~この時期はそんなもんですが、集中してもう一踏ん張りしたいと思いますワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ。

 しかし、梅雨が明けませんね~後から梅雨入りした関東に先を越されるとは_| ̄|○ il||li、明けたら明けたで猛暑続きになると思われるのでどっちもどっちですがジメジメしたよりは多少マシかもしれませんね・・・。
スポンサーサイト