やいろ吹奏楽団第20回記念定期演奏会withクワチュールベ-

 大変遅くなりましたが・・・ようやく当日分にかかります`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!。そして恐ろしく長いですwww。
 前日のリハはクワチュールさんと重松先生のお陰で例年にない仕上がりで終えれたゲネ・・・さあ~明けて本番当日。お天気はどうんか晴れレベルヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!、しかし本番あたりは雨の予報`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!、安定のやいろの定期クオリィティーです(笑)
 いつも通りの集合時間。その前に搬入口に用事があって寄ったら前を見ると偶然高校からの友人がジョギングしてました、その姿をお陰で緊張感がほぐれました(爆)最近嵌ったとは聞いてましたが自宅からはかなりの距離なので本気みたいですw。
 そんな偶然もありつついつも通りに準備、今年は前日のリハで楽器全般は搬入口に置かして貰ってましたので準備がすこぶる楽チンでした、毎年こうなら良いんですがお財布事情もあるので(爆)そうそう毎年は出来ないので特別な時のみなのですが・・・w。
 ちゃっちゃっと舞台の準備を終えて各自アップ。管理人とK氏はあらかたの準備を見届けてからクワチュールさんのお迎えにホテルへ出発ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!。前日のお話も聞きながら(笑)10時過ぎにはオレンジに到着。楽屋にご案内して、我々もリハに合流。 一部からでしたが、もう1人の指揮者である濱田先生は本日は西部地区の講習会があるため中村に居まして、お昼からの合流・・・いやはや昨年から濱田先生にはご迷惑をおかけしっぱなしですが・・・そのためゲネの順番を入れ換えて、まずは重松先生に振って頂く分から順次リハ開始。重松先生には1部のメインである第六と、2部のクワチュールさんとのコンチェルトに2曲という重めwのプログラムをお願いしてましたので、こちらも相当の無茶振りですが・・・まずは時間が掛かりそうな第六から開始、バランスやらソロを確認しながら1時間弱のリハ終了ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!。
 でお次はお待ちかねのクワチュールさんとの2部のゲネ、昨夜も合わせておりますが、今日は本番のオレンジですので改めて細かいところから確認・・・お昼休みを挟んで再び2部のゲネを開始。どうにか事故も起こらずw、無事2部のゲネは終了ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!。確認やら写真撮影もあったので前から聴く機会が多かったのでこういう時管理人は役得(・∀・)ニヤニヤ、普段はそう思う事はないですけどね(爆)、前で聴くと改めてクワチュールさんの凄さがよく分かるんですが、1人でも凄いのに4人ともなるとその迫力は半端無いですね(((( ;゚д゚))))アワワワワ、ゲネながら音に酔いしれました(笑)。

 早目に向こうを出発して頂いたお陰でお昼には濱田先生も到着されてましたので、予定通りに3部のゲネを開始。3部はクワチュールさんの各氏のソロとカルテットでの演奏をお届けするポップスステージ。2部のクラシックとまた違った側面が聴けるし見れるステージなのですが、ソプラノからバリトンまでの各サックスのソロが一気に聴けるのはそうそう無い機会ですしそれが出来るのはここら辺ではうちの定期演奏会だけだと思ってるので(笑)、ご来場頂けるお客様には勿論の事、団員も前回に引き続き非常に楽しみなステージでもありますワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ。
 ということでココからは濱田先生が指揮を振ります、濱田先生は全くのお初の状態からでしたが、3部は曲数が多くまた時間も限られてるので打ち合わせもそこそこにゲネで確認しながら1曲ずつ進めて順調に進行(`・ω・´)。確認の意味合いも含めて前で聴きましたがw、ポップスとなるとまた魅力も違いますからこれも最高でした、普段は罰ゲームが多いですがこれはかなりの役得でした(笑)1時半から始めたゲネも、途中から濱田先生へと交代して時間を見たらあっというまに16時過ぎ_| ̄|○ il||li、集中してると早いもんです・・・クワチュールさんとの打ち合わせは終わったので、濱田先生に指揮して頂く1部の曲を合わせてゲネ終了。
 盛り沢山のゲネも終わり残すは本番のみ、恒例のダラダラタイムwもそう長く感じる事無く時間が過ぎ・・・過ぎ・・・そうそうお昼から体調不良で急遽病院に行ってた某君ですが、病院から点滴を終え帰って来た姿を見るとどうみても午前中の絶好調な姿は無し`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!、これは本番も厳しいかもの話もありましたがギリギリまで本人の体調を見ながら判断して貰う事に・・・。何故か、区切りの演奏会になると体調不良になる某君_| ̄|○ il||li、1回目から出ている某君なので皆勤賞も掛かってるのでどうにか良くなればなと思いながらチューニングへ・・・。

 でチューニングも無事終了。後は・・・本番のみそして某君の調子のみ・・・と思いサックスの花道が始まる前に本人聞いてみたらどうも駄目そう_| ̄|○ il||li。まあ調子が戻ったらいつでも潜りこんできいやと話して、サックスの花道を聴きに舞台袖へ。今回のネタは最近流行のお笑いコンビのネタよりでしたが・・・w相変わらずどこから誰が選んで拾って来たんだと思う選曲がうちのサックスのメンバ-らしいです(笑)恒例の演奏も終わりいよいよ演奏へ・・・。1人居ませんが(笑)気合を入れていざ本番へヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!。

 1部の1曲目は「テイク・オフⅡ」。この曲は第1回のオープニングで演奏した記念すべき1曲目「テイク・オフ」の改訂版。当時の選曲理由は覚えてませんが(知らないかもw)、それから20年`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!もう一度原点にという思いで管理人がお願いしてプログラムに入れてもらいました・・・まあ~そんな思いを込めた管理人ですが、1回目は裏方なので舞台には出てませんけどね(爆)
 その当時の指揮は濱田先生(当時はまだ大学生w)、そして奇しくも今回の指揮も濱田先生となり結局巡り合せよ~wwwと言いながらお願いしました(笑)曲は改訂版なので当時の楽譜とは違いますが、それでも吹いてると当時の事が思い出されて楽しかったです、管理人は・・・(ry。そんな管理人ですが学生時代の課題曲がテイクオフだったのでそちらの記憶も同時に蘇り辛い練習の事が思いだされました(爆)。無事1曲目終了。
 その後課題曲を2曲演奏して、今度は指揮者が重松先生に交代。交代後の曲は今回の1部のメインである「第六の幸福をもたらす宿」 。コンクールでは有名な曲ですが、この曲1番最初のコンクールで演奏する予定になった曲でしたが当時は今ほどネットがある訳でもなく情報が乏しいのもあり楽譜の入手先が分からず断念_| ̄|○ il||li、その代わりに「ディヴェルティメント」になった経緯がありますが・・・。そんな思い出(何らかの繋がりが多過ぎwww)もある「第六の幸福をもたらす宿」 ですが、この曲自体メロディーも馴染み易く時間も15分無いので演奏時間も程ほどで20回記念的にも良いのではないかと決まった曲ですが、取り掛かりも早く時間も1番掛けてますが何とか形が仕上がったな~と思ったのは本番ギリギリだったので、やはり名曲は一筋縄ではいきませんね。
しかし、演奏してみれば時間も忘れるほどの楽しさで本番もあっという間の15分でした、何が大変だったかと前述の濱田先生もそうですが、本番3週間前にメインの指揮を頼まれた重松先生ですね。でも短い時間ながらもお2人の先生の的確な指示で本番は良い出来になったかと思います(注:当楽団比w)・・・一時期どうなる事かと思いましたが・・・この話しは後ほど(笑)

 無事1部も終わり、2部からはクワチュールさんとの演奏ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ。1曲目は前回も演奏したサクソフォン日和。この曲は2回目なのでもう少し順調に進むかと思いましたが、予想に反して大苦戦wあの時とメンバーもだいぶ様変わりしたのもあり1からとなった曲ですが、5月から急ピッチで巻いたお陰でどうにか完成ヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!、という事で本番もほぼほぼ成功しました・・・管理人が飛び出した位です`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブーッ!!・・・本当へっぽこで申し訳ないですm(_ _)m。
 そんな事もありながら2曲目は「ダイアログス」。この曲はクワチュールさんからどこからこの曲探してきたんですかと聞かれるほどのマニアックな曲ですが(笑)当初上げていた候補の数曲は方々探した結果絶版だったりスコアだけだったりでどうにもならずで、再び別の曲で探してたら某出版社さんで見つけた曲。全国的にも殆ど演奏された事は無いんじゃなかろうかと思いますが四国では初演のはずです・・・多分w。という事で選ばれたダイアログスは変拍子に大苦戦(((( ;゚д゚))))アワワワワ、1月から一番練習した曲といってもいいほどの練習量でしたが4月まで全然仕上がらず_| ̄|○ il||li、そんな中5月からマイテマイテどうにか完成にこぎつけました。今年はこのパターンが多いですが(笑)本番は、クワチュールの各氏のそれぞれのソロが超絶素晴らしく、本番中にも関らず思わず聞き惚れてしまいましたがw、最後にカルテットで演奏する場面は本当に最高でした・・・これぞプロの演奏を存分に堪能していただけたのではないかと思います。うちらも大事故が起こらなくて何よりでしたw。
 2部の最後にはブラボーも頂き最高の盛り上がりで2部終了ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ。いやあ~最高でした。
 
 2部と3部の休憩の合間にはバリチューのアンサンブルで幕間を楽しんで頂いた後はポップスステージとなる3部の開演。
 3部からは濱田先生に交代してのステージとなります。ここからは各氏のソロをたっぷりと皆さんに堪能して頂けたのではないかと思います、バラードとアップテンポの曲を織り交ぜながらソプラノからバリトンまで各楽器のプロだから魅せれる演奏は吹いてる側としても本当に楽しんで演奏させて頂きました。
 各氏のソロを堪能して頂いた後はインタビュ-のコーナーを設け演奏だけでなく、クワチュールの皆さんの人間的な魅力も存分にお伝え出来たのではないかと思います。
 その後のカルテットでの演奏では前回はアップテンポでノリノリのアニトラの踊りでしたが今回はとがらりと変えて渋めのバラード「スイートメモリーズ」。大人ムード全開でサックスの魅力も存分に伝わったのではないかと思います。楽譜本来はトロンボーンカルテットとバンドの為になんですが、解説にサクソフォンカルテットでも大丈夫ですと書いてましたので早速応用しましたw。そして最後はクワチュールさんにも加わって頂きまして「スピリティッド・アウェイ 「千と千尋の神隠し」より」で今回の演奏会を締めましたワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ、やはり最後はジブリがしっくりきますねw。
 アンコールは情熱大陸、我らがゴッドのスーパーなティンバレスとクワチュールさんの演奏でテンションも最高潮ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ、前回演奏した時は多少不完全燃焼気味だった情熱大陸も今回お手伝いしてくれたラッパの神が10回の時以来で再び降臨してくれたお陰でバンドも完全燃焼出来たかと思いますワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ、クワチュールさんと2人の神のお陰はありますが(笑)20回でさらに良い演奏が出来たかなと思います。
 最後のアンコールは定番の勇気ではなくてルパン三世の中の曲からサンバテンペラード。途中出て来るサックスのソロは有村さんと国末さんにお願いしていたのもあり、最後の最後もばっちりと決めれたかと思いますワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ。

 予定の時間よりは遅れてしまいましたが記念撮影は入念に撮影してw、急いで撤収準備(((( ;゚д゚))))アワワワワ。管理人とK氏はダッシュで片付けてクワチュールさんを一足早くホテルへとお送りしまして、再びホールへ・・・、前回は腰砕けになるほどカオス状態でしたが全開の反省を活かすべく段取りを考えておりましたがどうしても本番はバタバタするので忘れかかってましたが(爆)、番長と小さい男で上手い事締めてくれてたので混乱も無く終わっておりました。てか帰ったら殆ど居ませんでした(爆)見事な締めで助かりました・・・番長の豪腕ぶりが如何なく発揮してくれたお陰で平穏無事な終わりになってたのは本当に感謝ですm(_ _)m。

 その後一旦帰宅ダッシュでシャワ-と着替えを終わらしてクワチュールさんをお迎えに再びホテルへヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!。
 場所は我が団愛用のいつものお店ですが(笑)そこのお店に以前クワチュールさんをアウトリーチフォーラムで来高した際に大ファンになった学生さんが働いていらっしゃってクワチュールさんも更に大盛り上がり・・・幾ら狭い高知といえどもこういう偶然もあるんですね。そんな再会も喜びつつお待ち兼ねの(爆)打ち上げ開幕ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ、昨年は多少不完全燃焼な打ち上げになってしまったのもあり今回は去年のリベンジを果たすためにも史上最大の盛り上がりで開催(笑)
 クワチュールさんの皆さんと指揮者のお二方、ラッパの神も迎えてでしたので20回を飾るに相応しい盛り上がりでした。当然1次会で終わるわけもなく、クワチュールさんも交えて2次会へ・・・途中小山さんが帰京後過ぎに車で6時間ほど運転されるとのことで早めにホテルにお見送りしましたがその道中色々と楽しいお話も出来て至福の時間でしたw、早いといっても結構な時間でしたけどね(笑)
 その後2次会組へ合流して更に飲んで騒いでしてましたがw、濱田先生を途中で見送りに出た際に2人で話が盛り上がってなかなか帰れない事態も起きたりしましたが・・・再び合流してクワチュールさんも含めて最後まで大盛り上がりで終了ワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ、最後は管理人と王子とでお約束をかましながらホテルまで延々やり続けてました(次回があればぜひ(笑))
 ホテルへお見送り後は帰宅・・・すぐに爆睡w。そして今度はホテルから空港までお送りする為に再びK氏とお迎えに行き一路空港へワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ。空港へ到着するとさすが高知での活動が根付いてるクワチュールさんだけにお見送りの方が多数、これはなかなか凄いですよね・・・4人のお人柄が表れてる光景だな~とのんびり眺めておりましたが・・・そういえばお土産のつまみが欲しいな(これで中身はバレバレw)~と思い、番長が幹部会で延々一押ししていた竹輪、天ぷらやらを購入して皆さんにお渡ししましたが、この日は暑かったので高知名産のごっくんの最近出た?缶バージョンをお渡しして涼を取って頂きました。
 最後には記念撮影をして今回のミッションは終了(・∀・)。荷物検査の入口までお見送りしてお別れしました、。航空会社が見送れる方ではなかったので少々物足りないお見送り(笑)にはなりましたが、検査口であれだけ最後までお付き合いして頂けたので十分ですワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ。
 展望デッキまで上がり飛行機が見えなくなるまで手を振ってお別れしましたワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ。

 その後は見送りに行ったメンバーでアイスを食べに行き、昼ご飯を食べて解散しました(逆ですがw)・・・帰宅後は即爆死でした(爆)。本当に充実した3日間でございましたヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!。

 クワチュールベーの國末さん、山浦さん、有村さん、小山さんの皆さん今回もゲスト出演本当にありがとうございました。前回の打ち上げで盛り上がったノリで話した話が本当に現実になった今回の演奏会は我々にとっては夢か現かから始まりましたw、あれから5年経ちましたが皆さん全国を飛び回り本当にお忙しくされておられる所スケジュールを合わして頂けるとは思いませんでしたので今回の演奏会での再会は本当に嬉しいものでした。演奏も前回にも増して素晴らしかったですが、4人のお人柄が素晴らしく前回も4人にメロメロな当楽団のメンバーでしたが今回は更にメロメロになったのではないかと思います。これからのクワチュールベ-の皆さまのご活躍を団員一同祈念しております。本当にありがとうございました。

 また今回も様々な方のお力をお借りして最高の演奏会で出来たかと思いますm(_ _)m、今回も様々な楽器で妙技を見せて頂き団員もノリノリで演奏出来20回を無事終えることが出来たのも当楽団にはなくてはならない我らのゴッドを始め、以前メンバーで在籍しており現在は幅広い演奏活動をされておられるラッパの神ことMさんんもお手伝い頂き10回の情熱大陸を越える演奏が出来たかと思います、これからのご活躍おうえんしております、また何かありました際には(笑)どうぞよろしくお願いします。 
 また司会者の平石さんとも今回で8年目のお付き合いとなりましたが、本当に良いご縁を頂きまして毎年本当にお世話になっております、毎年お世話になっているホールの方映像、照明の業者の皆さまこれからもどうぞよろしくお願いします。また受付をお手伝いいただいた皆さまも本当にありがとうございました。
 無茶振りした濱田先生、重松先生のお二方の先生には足を向けて寝れないほど(笑)今回は楽団の最大のピンチを助けていただき本当に助かりました、お二方とも大変ご多忙の中当楽団のためにお力添えを頂きましてありがとうございました。これからも末永いお付き合いどうぞよろしくお願いします。
 
 どうにかこうにかたどり着いた20回・・・団員の皆さま本当にお疲れ様でございましたm(_ _)m。特に1回からの皆勤賞のメンバ-が元気に楽団に居るという事は(しつこいようですがw管理人は皆勤賞ではないです)力強い限りです 、危うく逃しかけたメンバ-が出掛かりましたが・・・どうにか皆勤賞ですw。結成当初に思い描いた通りにはなかなか進みませんが(笑)これから30回、40回と回を重ねていけるように老いもw若きも力を合わせて突き進んで行きましょうワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ、また楽団活動に毎回協力頂いてるご家族の皆さまも本当にありがとうございます。協力失くしては活動もままなりません、これからも応援どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m。

 とまあ・・・これにて長い長い本題は終わりでございますm(_ _)m。
 ここからは呟きという事で・・・呟きにしたら長いですが・・・(笑)
 とまあ・・・これにて長い長い本題は終わりでございますm(_ _)m。
 ここからは呟きという事で・・・呟きにしたら長いですが・・・(笑)
 で、今回の定期演奏会は記念すべき20回という事もあり15回の時の約束を果たして頂いたクワチュールの皆さんをお呼びする事になり例年以上に練習に力を入れてここまでやってきました、しかし思いとは裏腹に新年1回目の練習から早々に退団者が出てどうも縁起が悪いな~と思った流れはそのまま見学者からの入団へも繋がらずでどうもチグハグな流れがありどうしたもんかと悩んでた所に・・・流れを変える入団者が入ってくれたのもあり流れが変わるかえ~?と思ってた所にまたもや退団者・・・理由は色々ありましたが何ともし難い所もあり・・・また流れが悪くなりそうで不安だな~と思ってた所に今度は常任指揮者のS氏が体調不良で定期演奏会が振れない事に・・・。
 定期まで残り1ヶ月を切った段階での指揮者交代は致命傷ともいえますが・・・管理人の人脈を振り絞って、高校からの腐れ縁で(爆)楽団の創設者でもあり昨年の20周年ゲストバンドとしてお呼びしお世話になった介良中学校吹奏楽部の顧問でもある濱田先生。しかし定期演奏会全曲を1ヶ月弱で振るのはさすがに無茶苦茶過ぎる(お願いしてる時点で大概ですがwww)という事で、小学校の金管バンドからの長いお付き合いで管理人の1つ下の後輩重松先生。このお二方にお願いするしかないなと即断で連絡・・・まずは濱田先生・・・楽団のピンチという事で承諾、重松先生は普段定期演奏会の写真係りです(笑)長い付き合いですから音楽に関してもお任せしても安心でしたが・・・楽団とは一度も演奏した事が無いので濱田先生以上に苦労をかけるな~と思いながらも頼めるのは重松先生しか居ないので暫時電話・・・重松先生も楽団の窮状を知って快諾。
 どうにか2人の先生に指揮を引き受けてくれる事になり指揮者不在で練習日が発生するのは回避、何より演奏会が無事出来る事になったことに多忙でそろぞれのご事情もありながら快諾してくれた2人の男気には本当に感謝致しております。
 指揮者2人制は第4回の定期演奏会で1度だけやった事がありますがそれ以降は全て1人体制、県外では3人で振ったりする所もあるようですが近隣地区では1人が多いですよね。うちも2人体制を経験したメンバーは皆勤賞クラスじゃないと居ないので殆どが初の経験なので、不安はありましたがいざ練習を開始してみると練習の進捗度が早い早い。
 お二方とも時間が限られてる中ながらスコアを読んでどこを練習すれば良いのかがしっかりと頭に入れてから練習に来てくれておりましたので、指示も的確でとにかく進みがグンとあがりました。勿論団員の危機感も半端ではないので集中力が一気に上がっての事もあり、5月からの仕上がり感は過去最高の仕上がりで進んだのではないかと思います・・・お二方とも普段は学生さんに指導されてらっしゃるので一つ一つが大人も分かりやすいというのも大きいかなと・・・痒いとこに手が届くw的な練習が進んだのもあり本番までへの全体的にも個人的にもテンションは良い上がり方が出来てたんではないかと思います。

 本番も大きな事故はなく、クワチュールさんを始めお二方の先生、お手伝いして下さった方のお陰もあり団員的にも20回目をい最高の出来で終わらせれたんではと感じております。これに満足する事無く21回へ向けて始動したいところですが、手探りで始めた第1回から回を重ねる事はや演奏会も20回を重ねる事が出来たのも多くのお客さんにお越しいただけたお陰です、これからもやいろ吹奏楽団をどうぞよろしくお願いします。

 ただ手放しで喜べる事ばかりでもなく耳に入る事は良い事ばかりではありません、まあ~それは演奏活動を続ける上でアマチュアなので仕方ないんですが・・・聴きに来てももないのに聴く前から所詮やいろやろ?、負け犬の遠吠え(何に負けてるかは知りませんがw)、やいろみたいになるで(意味不明ですがw)等々容易に想像がつく(笑)声も色々と聞きました、まあ~下に見られる事は馴れてますし(笑)これらも創団当時から言われてる事ですが、ここら辺の声(雑音ともいうw)をひっくり返したいな~と思ってるんですが聴きに来る気がない人間をこちらに向けるほど難しい事はありませんし、世間の嬉しくない声は(笑)とある事からw来るものだなと容易に想像がつきますが┐(´д`)┌ヤレヤレ、でもそれも一つの評価なのでここら辺はなかなか難しいものです。
 でも、こう言う嬉しくない声を嬉しい声に変えていくことが今後の当楽団の目標の一つかなと・・・。
 あとここ数年メンバ-の増減に悩まされる日々ですが・・・うち的には気軽に来れる楽団wを目標とはしておりますが、態度が慇懃無礼な失礼な方はいくら気軽とはいえお断りする事もあります(まあ~ホボホボ無いですが)ただ気軽だからと言って態度がおよろしくない方々は1人の大人&人間としてどうなんだと思うのでそういう事になります。人として当たり前の事が出来ない人に良い演奏が出来るとは思わないので・・・。入る前も入ってからも最低限のマナ-はあるかと思いますが・・・ここも最近の悩みですね。
 当然楽団としての魅力が欠けるもあると思うので真摯に受け止めるべき事は受け止め、考えて行かなくてはなりませんけどね。
 
 こういう態度や物言いが無礼な方々への予防線を張るためにも、演奏力の向上は必須課程かと思います、ただ演奏力は夏のイベントで評価される事が圧倒的に多いですが、これだけでもないだろうと思いますけど何十年も続く固定観念と云うのはそう簡単に覆せるものではありません・・・まあ~この固定観念を根底から覆すのもこれからの目標ですかね。若かれし頃ほど夏のイベントに全てを掛ける訳ではなくその他にもアピールする事もあるだろうと考えてますがそれが何かは分かりません┐(´д`)┌ヤレヤレ、簡単に分かれば世話ないですからね(笑)。
 まずは内部から・・・全体的にも個人個人も意識の向上、これもうちの楽団にはなかなか難しいとこなんですがw意識が低いと何をやっても最終的には楽しくなくなります、演奏会でもそうです。ただ練習へ来るだけでは何も先に進みません、常に何らかの本番はある訳ですしその都度目標もありますからその本番に対してどう向かうかはこれからの大きな課題ですね・・・。
 
 20年以上も経てば創団時には感じなかった世代間の違いもあります、若い世代は若い世代の感覚や考えもありますからうちら年寄り世代とどうすり合せて行くかもありますからね(笑)、最近は驚く感覚wも間々ありますがその感覚が当たり前の世代もある訳で社会でも趣味でも世代間格差はなかなか難しいですねw。ただ礼儀と思いやりは世代関係なく持ち合わせたいものです、年を重ねてるからといっても欠ける人間は居ますし、若い子でも驚くほど気が回る子も居ますから他人に興味が無いなんていうのも聞きますがだからと言って礼儀や思いやりを欠いて良いというわけでもありませんしね・・・悩みは尽きません(爆)

 まあ~独り言なんで纏まりもなくつらつらと書いてみましたが結局何が言いたいんだと言われそうですが(笑)、20年以上経っても一向に悩みは尽きないという事です(爆)・・・ここまで来て嬉しい事やら喜ばしい事より圧倒的に苦悩な日々しかないのに(爆)これだけ続けてる意味が最近よく分からないんですが、ここまで来たら当然潰す訳にもいきませんし(潰れかかる事は幾度あってもw)次へ渡せる日が来るまでが今の一番の原動力ですカね~、世代交代ほど難しい事はないな~とつくづく感じております・・・周りから見れば世代交代がどう見えるかは分かりませんがw、一時も早く次の世代にバトンを渡したいんですよね・・・いや本当に。
 ただ今渡すにはあまりにも大変なのでもう少し整地するまでは踏ん張るしかないですね、管理人が渡された時の無駄な苦労をさせたくないのでねw。管理人的には数年内にはどうにかの予定なんですが・・・あくまで希望的観測なので分かりませんが(笑)そうなるようあと数年倒れないようにw駆け抜けたいと思いますヽ(*´∀`)ノ キャッホーイ!!。

 30回へ繋がる様(隠居の予定w)来年の21回をしっかりとやりきりたいと思いますワッショイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワッショイ。
 これからも色々ある(確実にあるw)と思いますが、やいろ吹奏楽団への応援・支援、管理人への応援(笑)どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m。

 いやあ~今年は更に長すぎましたね(爆)ここまで読んで下さった貴重な方々乱文&駄文にお付き合い頂きましてありがとうございましたm(_ _)m。
スポンサーサイト